読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

k西ろぐ

ゲーセン通いの日々、うつ病との付き合い、教育、そして酒と漫画とetc

SCP-060-JPについて

最近SCP財団にはまりにはまっているので、気になったSCPを紹介するわけではないけど自分が考えたネタとかを書き散らしていこうと思う。

  SCP-060-JPは「電子化された記録の上にのみ存在する人物」であって、目視や各種センサーによって観測できないという不思議なSCP。おそらく10代の若い女の子なんだろうけど、今現在はサイト-8141の人型用収容セルのなかで収容されている。

  各種センサーによって観測できないということは、光源でも熱源でもないし、原子レベルでの実態が無いので光を当ててもその反射光を観測できない、だからカメラやビデオにも映らない。

  そこで考えたんだけどネットワークにつながれたARシステム上だったら彼女を目視することが可能なんじゃないだろうか。たとえばサイト-8141内部でポケモンGOをやってみたら、画像データとして画面上にうつりこんだりしないだろうか?そこらへんではしゃぐSCP-060-JPを見てみたいっていう僕個人の希望だったりもする。

  

・・・ただ、やっぱSCPっていう存在は危険なものだって認識はしておいた方が良い、AR上のデータとして存在することによって現実に干渉することが可能になるんじゃないかという説が考えられる。友好的に接してくれれば良いが、もし敵意を持って接してきたら?また電子化された記録を改ざんできる力があるので画像データぐらいは簡単に創造できるだろう、例えば武器の画像データを想像してそれで攻撃してきたらどうなるだろうか?AR内で攻撃された場合、現実で被害が起こるという可能性は否定しきれない。

 

SCP-060-JPについて→SCP-060-JP - SCP財団